Menu

文法と英単語

0 Comment

文法の学習は英会話の学習において重要視されるのでしょうか。英会話教室で英語を身に着けた人たちに実施されたアンケートでは、文法よりリスニングや会話力のほうが重要と回答した人がとても多いようです。文法軽視の学習方法は正しいと言えるのでしょうか。英語の試験の中でも最も有名な試験の一つであるTOEICでは求められる文法のほとんどは中学校レベルであるとされています。英会話でも止められる文法はもっと簡単だと言えるでしょう。ですから、英会話の学習では文法軽視は正解だとおもいます。逆に英会話で文法に苦慮しているのであれば、中学レベルの文法を習得していないといえるでしょう。難しい文法書に頼るのではなく、簡単な中学生向けの文法を解説した参考書が適していると思います。英単語の学習はどのように進めるべきなのでしょうか。一般的に英単語は「単語帳で覚える」派と「学習している英文から覚える派」の2種類に分けられると思います。英語の試験の伸び率が高い受験者は圧倒的に英文の中から覚える派であるようです。また、単語帳を重要視している人は伸び悩む傾向も強いようです。単語は文脈中で覚えないと使えるようにならないのでしょう。単語帳より英文の中で覚えたほうがその英単語をどのように使うかもセットで覚えられますから、英文中のほうが良いのでしょう。また、スペルを覚えて覚えたと思うのではなく、発音を覚えることが英会話では重要だと思います。こうすることで英単語をリスニング、スピーキングの両面から理解することができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です