Menu

英語の勉強を始めてみよう

学生から社会人まで、英語が話せるようになりたいと願う人は多いようです。目的はさまざまですが、近年、日本企業はグローバル化が進み、社会人にとっては英語で交渉やプレゼンを行う機会が急激に増えました。なかには、TOEICの点数を基準として、社内の英語力を高めようとする企業も増えているようです。

学生にとっても、数年前に小学生から英語が必須となることが決定しましたが、日本人にとって英語を話すということは、ハードルが高いことのように思われがちです。

その理由には、語順や文法の違い、そもそも英語にある子音が日本語にはないなどの音の成り立ちが異なること、発音の際の周波数が異なる言語であるため聞き取りにくいなど、日本語を母語とする人にとっては、越えなければならない高い壁があることです。さらには、単一民族である日本では、多言語を話す必要もなければ、習得する必要もなかったという背景もあります。

しかしながら、近年のグローバル化により、英語習得の必要性が叫ばれており、子どもを幼い頃から英語スクールに通わせたり、留学させたりする親も増えてきました。社会人にとっても英語に触れる機会が多くなるにつれ、必要に迫られて会社帰りに英会話スクールに通う人が急増しているようです。

日本人には英語がなぜ難しい?

英語の力をつけるのは、長い道のりと思っておいたほうがよいかもしれません。

たとえば、挨拶程度の会話さえできればよいということであれば話は別ですが、それだけでは、会話のキャッチボールも長続きせず、つまらないものとなってしまいます。ある程度、自分自身の意見や考えを説明できるようになってこそ、他言語を学ぶ価値がうまれてくるものです。

実際、英語を勉強したいと思って、英会話スクールに通い始めたり、英語関連講座を利用して勉強を始めるところまでは、ほとんどの人が始められるところです。しかしながら、言語を習得するということは、常に登坂ではなく、アップダウンを繰り返しながら徐々に上達していくものですので、モチベーションが一気に下がったりすることもあります。筆記試験では点数となって表れますので、上達状況がすぐに分かりますが、ペーパー上の結果がよくても実際には話せないと言う人は、たくさんいるのが現実です。

そもそもなぜ日本人はこれほど英語習得に苦労をするのでしょうか?その理由の一つには、日本語と英語の音の違いにあります。日本語の五十音はすべて母音+子音の組み合わせでできていますが、英語にはたくさんの子音のみの音があります。子どものころから日本語しか聞いていない人にとっては、この子音を聞き分けるのが難しいようです。基本的に、人間は、聞き取れない音を発音することはできません。日本人は、自分の耳で聞こえた音を日本語の五十音に置き換えて発音してしまう傾向にあるのも、日本語的な発音になってしまう原因のようです。

「読む」、「書く」、「話す」、「聞く」のうち、どれか一つだけ必要であれば、それのみを集中的に勉強すればよいと思うかもしれませんが、言語を習得するということは、すべてバランスよく勉強することで、本当の実力がつくというものです。

話すことや聞くことは、確かに子どものほうが音の違いを区別できる感覚が優れているため、早い時期から始めたほうがよさそうですが、大人には大人に適した学習法もありますので、あきらめる必要はなさそうです。