Menu

英単語の覚え方

0 Comment

英会話において、英単語の暗記は必須です。しかし、ひたすら英単語を暗記することは、記憶にも残りづらいですし単独では単語のイメージがしにくくなってしまいます。

英単語を暗記する時には、コロケーションを意識すると良いとされています。コロケーションとは、「よく使われている英語の組み合わせ」「自然に使われる英語のつながり」と呼ばれている文法用語です。連語や連結語句とも言われています。例えば「contact(契約書、契約)」という単語を覚える時、「契約書にサインをする」「契約書にハンコを押す」「契約を結ぶ」など、状況的に使われやすいコロケーションとして暗記をします。これにより、実際に「contact」の単語を使う時に、「サインをする」「ハンコを押す」の言葉も同時に思い出すことができます。コロケーションを意識しながら、さまざまな用法を覚えることで理解が深まり、付随する言葉も覚えやすくなります。また、セットで覚えることで自然な英語を身につけることもできます。例えば「強い雨」というのは「heavy rain」と表現されます。もし「雨」だけを単独で覚えていた場合、強いという単語を「strong」と「heavy」のどちらかで迷ってしまう可能性があります。まとまりで覚えることで、このようなミスも防ぎやすくなるでしょう。

英単語を暗記する時、一目見ただけで覚えようとするのではなく、何日も掛けて繰り返し読むことや、実際に自分で英作文を作ってみることが効果的です。人の脳は、何度も見たものを覚えやすくなるそうです。コロケーションは英単語のまとまりになるので、単語一つを覚えるよりも時間が掛かることが多いですが、焦らずにじっくりと取り組んでいきましょう。音声で聞くことも記憶に残りやすいそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です