Menu

英会話が上達する人が考えていること

0 Comment

英語を学習している人のほとんどはインプットすることを優先して学習をしています。英語を口に出すよりもダイレクトに頭に入れたいと考えています。始めて間もないころならそもそも英単語をあまり知らないのでそれで構いません。すなわち、一通り学んだ後に英語を話そうというのが初心者の頃の目論見です。しかし、英語は使わないとどんどん頭から抜けていってしまうものです。これが多くの人のにとって落とし穴になってしまっています。英単語・英文法を一通り覚えてから英語を使っていくのでは遅いのです。
皆さんが習ったはずの英語をすぐに忘れてしまうのはそれをインプットしているだけだからです。頭の良しあしや才能よりもそれを声に出しているか、反復して何度もインプットアウトプットをしているかのほうが何倍も重要なのです。
外国の友人を持っていたり英会話教室に通っている方ならば割と簡単に英語を使う練習ができるでしょう。しかし初心者の場合はそうではありませんし、だからと言って英会話教室に通い始めるのはなかなか大変です。そういった方はまず家で習った勉強した英単語や英文を大声で叫ぶことから始めましょう。とにかく習った英語を口から出すことが英語を覚えるには必要不可欠です。特に英語の勉強を始めたばかりのことというのは英語を話すことよりも英語を口に出すことに慣れていません。逆にそういった方こそ英語を声に出すことでアウトプットしていきましょう。それだけでも見ているだけの勉強方法よりも英語への慣れが早くなるものです。

英語を学習している人はインプットの勉強を好む傾向にあります。頭を使わずにノートに書き写しているだけの勉強は、新しい知識を得ることができて賢くなった気さえしますが、一方でアウトプットは習ったものを思い出さなければいけません。なので面倒な割に新しいものを学ぶわけではなく退屈です。しかし英語は使わないと覚えられません。面倒でもどんどんアウトプットしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です