Menu

英会話学校(通学型)のあれこれ

0 Comments

英会話学校への通学は、ほとんどの場合において曜日と時間を固定してスケジュールを組むため、1か月間ないし1カリキュラム期間において「通わなければならない」という意識を持って習慣づけしやすい方法です。しかしながら、オンラインスクールと同様に、都合が悪い場合にはキャンセルや振替ができますし、講師については1つの校舎における在籍人数が、数人から多くて十数人程度なので、自分とあわない講師にあたってしまった場合などにはモチベーションが下がるでしょう。

講師については、だいたいどこのスクールにもネイティブが数名在籍していますので、英会話学習だけではなく、外国文化についてや価値観、よく使われるフレーズなど、有用な情報を得る機会も多くあります。校舎に行けば、講師と生徒が共有するカフェスペースが設けられている場合もあり、ちょっとした挨拶で緊張がとけたり、同じ曜日同じ時間に通学する他の生徒と交流を図ることで、モチベーションを維持することにつなげられます。

外国人講師だとどうしても緊張してしまう、という苦手意識の強い方には、日本語講師が在籍する学校もあります。また、講師は外国人だけれども、日本人カウンセラーがいつでも相談にのってくれたり、進度や習熟度別のアドバイスをくれたりします。

こうした手厚いケアがある一方で、高額な授業料負担が通学型英会話学校の一番のデメリットであると言えるでしょう。最近では月に1万円以内という負担の少ない学校も増えてはいますが、オンラインスクールと比べると一般的に負担感が高いのが通学型です。

1 thought on “英会話学校(通学型)のあれこれ”

  1. Hi, this is a comment.
    To get started with moderating, editing, and deleting comments, please visit the Comments screen in the dashboard.
    Commenter avatars come from Gravatar.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *