Menu

英語の勉強法

英語を勉強するということは、「話す」、「聞く」、「読む」、「書く」のバランスが、上達度にも影響するといってよいかもしれません。人によっては、読み書きは得意でも、話すことは苦手という人もいるかもしれません。大切なのはインプットとアウトプットができているかということですので、「話す」代わりに「書く」ことができれば、アウトプット効果はあります。しかし、「聞く」ことと「読む」ことは、インプットのみになりますので、偏った学習となってしまします。たとえば仕事で、英文メールで「書く」ことさえできれば、他は必要ない場合もありますが、同時に英語力をつけたいのであれば、「読む」ことや「聞く」こともプラスすることで、実力は格段に違ったものになります。

英語を学習するうえでのこれら「話す」「聞く」「読む」「書く」という行為も、効率的に行うほうが時間も有効的に使え、早く習得できるようになります。