Menu

英語の上達が早い人とは

同じように英語の勉強をスタートしても、数か月後には大きな差ができていたりします。その差はいったい何でしょうか。英語はインプットのみでは上達しないということです。アウトプットを同時に行うことで、自分の力になり、上達が実感できるといってもよいかもしれません。そういう意味では、おしゃべり好きな人のほうが、「話す」という意味では、上達が早いと言われています。

留学すればだれでも喋れるようになると思っている人もいるかもしれませんが、それは大きな間違いかもしれません。少なくとも留学する前に、ある程度英語が理解できるレベルにしておかなければ、先生や他の生徒たちが何を言っているのか理解できないばかりでなく、ほとんど発言もできず、しゃべることができないまま帰国することになります。留学は期限が限られていますので、海外に行って英語を身につけるというより、日本で学習したことを海外で確認してみるくらいの意識でなければ、無駄な留学となってしまいます。事前に身につけた英語力と、英語でコミュニケーションをとらないといけない状況と、話す時間が圧倒的に長くなるという相乗効果で、流暢に話せるようになって留学から帰ってくることができるのです。

英語は単なるコミュニケーションツールに過ぎず、大切なのは話のタネをどれだけ持っているかということにもなってきます。挨拶や日常的な話だけではすぐに終わってしまい、会話は途切れてしまいます。話をそれ以上に展開させるには、自分の趣味や得意分野を持っていることも大切になります。もし話すことがなくなってしまったら、相手のことをいろいろ聞いてみるだけでも違ってきます。

日本は単一民族で、多くを語らず察するのが美学のような文化がありますが、このような民族のほうがむしろ稀で、通常、多民族国家で2~3言語をあたりまえのように話す民族の人たちはたくさんいます。英語というのはそういう中で生まれた言語ですので、いかに正確で簡潔に相手に伝えることができるかというのが大切になってきます。

英語の上達は、どれだけの時間を勉強に費やしたかに比例するといわれていますので、とにかく使ってみることです。