Menu

無理せず英語の勉強を継続する方法

英語の勉強は継続することが大事だという考えにとらわれすぎて、疲れているときや忙しいときに無理に勉強の時間をつくろうとすると、英語の勉強自体が苦しいものになってしまいます。そういうときは、勉強するというより、触れる程度にしておくと、気持ちが楽になるかもしれません。もともと英語ができるようになりたいと思って始めたことであれば、ちょっとしたきっかけが、またやる気を起こすようになる瞬間があるものです。自分ではどうすることもできないときは、英語教室や講座を利用して、同じような目標を持った人に刺激を受けるのもよいかもしれません。

その他、形から入るという方法もあります。とりあえず机に向かうのです。毎日同じような時間に机に向かう習慣をつけておくと、気持ちが向いていくというものです。終える時間を短めに設定しておけば、集中することもでき、時間を効果的に使えるかもしれません。

とはいえ、ある程度の年齢を超えると、学生のような暗記力もあるわけでもなく、同じ学習方法ではかえって効率が悪くなってしまいます。子どもの頃は、とにかくたくさん聴いて覚えて話すというような、音そのものを覚えたりすることが得意です。大人もあらゆる感覚を駆使して覚えることは同じですが、記億に定着させるためには、「理解をする」ということが必要な行為になってきます。残念ながら、年齢に比例して忘れることも早くなります。そこで大人の勉強では、何度も繰り返すということが必要になってきます。いつまでたっても上達を実感することができない人は、再度自分の勉強方法を見直してみるのもよいかもしれません。